あえて病院勤務を選ぶ理由とは

 

待遇面だけに注目して仕事をしているわけではないという人が大勢います。
薬剤師の中にも、仕事自体に魅力とやりがいを感じて病院に勤務する人がいます。
最近では製薬会社への就職が人気になっているようですが、なぜあえて厳しい環境の中で働くのでしょうか?
その理由の1つとして、処方箋に対する見方が変わるという声があります。
つまり、病院勤務では入院患者のために薬を用意することになり、その薬を直接届けることも仕事のうちです。
自ら処方した薬について患者さんに説明し、服薬指導などを行なううちに、薬の持つ効果や人に与える影響について肌で感じることになります。
そのような病院での経験は、その後のキャリアにも大きなプラス材料となるので転職活動に有利です。


将来的なキャリアデザインを踏まえると単純に労働環境や収入だけで決めるべきではないことがわかります。